活動のご紹介

健康生活支援講習

イメージ
誰もが迎える高齢期を、すこやかに迎えるために必要な健康増進の知識や高齢者の支援・自立に向け役立つ介護技術が習得できます。

 

 

 

 

 

 

区分

短時間の講習①
「災害時高齢者生活支援

講習」

短時間の講習②

「地域で支える

認知症」

短時間の

講習③

支援員養成講習(※1)
講習内容

○災害について
○災害が高齢者に及ぼす影響
○接する時の心づかい
○気をつけたい病気や症状
○知って役立つ技術
(移動・清潔・ リラクゼーション・レクリエーション等)
○ボランティアの心得

○認知症とは

○認知症の主な症状

○認知症の人への対応ガイドライン

○予防と早期発見

○家族の理解と支援

○地域で支えるために

内容はご相談に応じます。

「支援員養成講習」

の中からお選びください

○高齢者の健康と安全

(事故予防・生活習慣病等)
○地域における支援活動

(感染予防・リラクゼーション等)
○介護:自立をめざして・環境・移動・車椅子への移動・食事・排泄・着替え・清潔
○認知症高齢者への対応
○人生のエンディングを考える   

○癒しのハンドケア

教材費

無料

無料

無料

900円
(教本,消耗品,保険料等)
定員 おおむね10人以上 おおむね10人以上 おおむね10人以上 30人
講習時間 2時間程度 60分~90分程度 ご相談に応じます 12時間(検定時間を除く)
受講資格 なし なし なし 満15歳以上
全日程受講者 受講証なし 受講証なし 受講証なし 「健康生活支援講習支援員養成講習受講証」を交付(※2)
検定 なし なし なし 学科(検定合格者には「健康生活支援講習支援員認定証」を交付)
持参品 筆記用具等 筆記用具等 筆記用具等 筆記用具等、教材費(講習会当日に会場で徴収します。)
申込方法 電話 電話 電話 講習申込フォーム、郵送、FAX
服装 運動のできる服装(トレーニングウェア等)
※1 受講費(テキスト、保険料等)については、講習会当日に会場で徴収します。
※2 短期講習については、以下をご覧下さい
   健康生活支援講習(PDF)
   災害時高齢者生活支援講習(PDF)
   地域で支える認知症(PDF)

※3 『支援員』とは、講習で身につけた知識・技術を様々な活動に積極的に活かしていただくことを期待し、検定に合格された皆さまに交付させていただく日本赤十字社認定の資格です。

※4 平成28年度より、資格認定者の有効期限が5年に改正されました。

このページの上部へ