活動のご紹介

救急法

イメージ
日常生活における事故防止、手当の基本、人工呼吸や心臓マッサージの方法、AEDを用いた除細動、止血の仕方、包帯の使い方、骨折などの場合の固定、搬送、災害時の心得などについての知識と技術を習得いただけます。

 

 

 

 

 

区分短時間の講習救急法基礎講習救急員養成講習(※1)
講習内容 ご相談に応じます

○市民が行う一次救命処置と手当の基本

・心肺蘇生(胸骨圧迫、気道確保、人工呼吸、AEDを用いた除細動)

・気道異物の除去

○一次救命処置以外の応急手当

・急病の手当て

・きずの手当(止血、包帯)

・骨折の手当(固定)

・搬送
教材費 無料(教材により、実費をいただきます。) 1,500円
(教本,消耗品,保険料等)
1,700円
(教本,教材セット,保険料等)
定員 おおむね10人以上 30人 30人
講習時間 ご相談に応じます 4時間30分
(検定時間を含む)
12時間
(検定時間を除く)
受講資格 なし 満15歳以上 有効期限内の救急法基礎講習修了者
(※2)
全日程受講者 受講証なし

「救急法基礎講習受講証」を交付

「救急法救急員養成講習受講証」を交付
検定 なし

学科・実技(検定合格者には「救急法基礎講習修了者認定証(赤十字ベーシックライフサポーター)」を交付します。) (※3)

学科・実技(検定合格者には「救急法救急員認定証」を交付 します。) (※3)

持参品 筆記用具等 筆記用具,受講費(講習会当日に会場で徴収します。) 筆記用具,受講費(講習会当日に会場で徴収します。)
申込方法 電話 講習申込フォーム、郵送、FAX 
服装 運動のできる服装(トレーニングウェア等)

※1 受講費(テキスト、保険料等)については、講習会当日に会場で徴収します。

※2 『救急員』とは、講習で身につけた知識や技術を活かしていただくために日本赤十字社が認定および交付する資格です。

※3 救急法基礎講習との同時申し込みが可能です。

※4 平成28年度より、資格認定者の有効期限が5年に改正されました。

このページの上部へ