活動のご紹介

水上安全法

イメージ
水と親しみ、水の事故から人命を守るため、泳ぎの基本と自己保全、事故防止、溺れた人の救助、応急手当の方法などの知識と技術を習得できます。

 

 

 

 

 

 

区分短時間の講習

救助員養成講習Ⅰ
《プール》(※1)

救助員養成講習Ⅱ《海》
(※1)
講習内容 ご相談に応じます ○赤十字水上安全法について
○水と生活
○水の事故防止
○泳ぎの基本と自己保全
○事故者の救助及び応急手当
○海,河川及び湖沼での事故防止
○泳ぎの基本と自己保全
○事故者の救助及び応急手当
教材費 無料
(教材により、実費をいただきます。)
700円
(教本,保険料等)
300円
(保険料等)
定員 おおむね10人以上 30人 30人
講習時間 ご相談に応じます 14時間(検定時間を除く) 12時間(検定時間を除く)
受講資格 なし 満15歳以上の救急法基礎講習修了者で一定の泳力のある方
(※2)

・満15歳以上
・水上安全法救助員Ⅰの資格のある方

・有効期限内の「水上安全法救助員認定証(白色18時間)」と「救急法基礎講習修了者認定証(赤十字ベーシックライフサポーター)」の所持者
全日程受講者 受講証なし 「水上安全法救助員養成講習Ⅰ受講証」を交付 「水上安全法救助員養成講習Ⅱ受講証」を交付
検定 なし

学科・実技(検定合格者には「水上安全法救助員Ⅰ認定証」を交付) (※3)

学科・実技(検定合格者には「水上安全法救助員Ⅱ認定証」を交付) (※3)

持参品 筆記用具等 筆記用具,水着,水泳帽、教材費(講習会当日に会場で徴収します。) 教本,水中メガネ・シュノーケル・フィン,水着,水泳帽、防寒用の上着,筆記用具等
申込方法 電話 講習申込フォーム、郵送、FAX
服装 運動のできる服装(トレーニングウェア等)
 
※1 受講費(テキスト、保険料等)については、講習会当日に会場で徴収します。
※2 『救助員(プール・海)』とは、講習で身につけた知識・技術を様々な活動に積極的に活かしていただくことを期待し、検定に合格された皆さまに交付させていただく日本赤十字社認定の資格です。

※3 一定の泳力の基準は、以下のとおりです。
  • クロールと平泳ぎが共に100m以上
  • クロール又は平泳ぎのどちらかが500m以上
  • 横泳ぎ25m以上
  • 立ち泳ぎ3分以上
  • 潜行15m以上
  • 1m以上の高さから飛び込みができる

※4 平成28年度より、資格認定者の有効期限が5年に改正されました。

このページの上部へ