活動のご紹介

幼児安全法

乳児から就学前までの幼児を中心とした、こどもに起こりやすい事故の予防と病気への対応のしかたを。そして、身近にあるものを使っての応急手当や、一次救命処置・AEDの使用についての知識と技術を身につけていただきます。

イメージ

 

 

 

 

 

区分短時間の講習支援員養成講習(※1)
講習内容

ご相談に応じます

「支援員養成講習」
の中からお選びください

○赤十字幼児安全法について
○「こども」について
○こどもに起こりやすい事故の予防と手当について
※一次救命処置
 ・心肺蘇生
 ・AEDを用いた除細動
 ・気道異物除去
○こどもの病気と看病のしかたについて
 ・看病にあたって
 ・起こりやすい症状と手当
○子育てにおける社会資源の活用について

 ・災害時の乳幼児支援

教材費 無料 (教材により、実費をいただきます。) 1,800円 (教本,消耗品,保険料等)
定員 おおむね10人以上 30人
講習時間 ご相談に応じます 12時間(検定時間を除く)
受講資格 なし 満15歳以上
全日程受講者   受講証なし 「幼児安全法支援員養成講習受講証」を交付
検定 なし 学科・実技(検定合格者には「幼児安全法支援員認定証」を交付)(※2)
持参品 筆記用具等 大判ハンカチ、パンティストッキング、筆記用具、受講費(講習会当日に会場で徴収します。)
申込方法 電話 講習申込フォーム、郵送、FAX
服装 運動のできる服装(トレーニングウェア等)
※1 受講費(テキスト、保険料等)については、講習会当日に会場で徴収します。
※2 短期講習については、以下をご覧下さい
   幼児安全法(PDF)
   災害時の乳幼児支援講習(PDF)

※3『支援員』とは、講習で身につけた知識・技術を様々な活動に積極的に活かしていただくことを期待し、検定に合格された皆さまに交付させていただく日本赤十字社認定の資格です。

※4 平成28年度より、資格認定者の有効期限が5年に改正されました。

このページの上部へ