1. トップ
  2. ニュース
  3. 災害救護

ニュース

災害救護

島根県西部地方の大雨に対する島根県支部の対応状況について

2017.07.06






 この度の島根県西部地方を襲った7月4日からの大雨により、被災されました皆さまに心からお見舞い申し上げます。

 島根県支部では、大雨特別警報の発表にともない、5日早朝より県内の被災状況について情報収集に努めるとともに、県災害対策本部及び第5ブロック代表の広島県支部と連絡調整のうえ、アセスメントや救援物資の配布に備えました。

 5日9時、益田市地区から毛布の支援要請を受け、防災ボランティア協力のもと、毛布800枚(1箱10枚入り)を災害救援車に積み込み、支部職員2名で避難所となっている益田市民学習センターへ搬送。

 現地到着後、益田市地区職員とともに毛布800枚を避難所へ運搬しました。

 
 島根県支部では、救援物資の備蓄や医療救護班の研修、また防災ボランティアの養成など、災害発生時速やかに対応できるよう体制を整えています。

このページの上部へ